SKE48のNFT販売のcoinbook、新たに暗号資産交換業者に認可

coinbook、新たに暗号資産交換業者に認可

株式会社coinbook(コインブック)が暗号資産(仮想通貨)交換業者として金融庁より認可を受けたことが4月16日明らかになった。

coinbookはデジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」を運営する企業で、今までにもアイドルグループ「SKE48」のNFTトレーディングカードの販売などを行っている

またcoinbookは今年1月1日より一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の第二種会員として入会しており、暗号資産交換業者となる第一種会員にわずか4か月で種別変更となった。

なお金融庁の資料によると、coinbookが取り扱いを予定している暗号資産は、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)となっている。

関連ニュース

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

参考:JVCEA金融庁

(images:iStocks/Nadiinko

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。