デジタル商工会議所、SEC対リップル訴訟へ参加

米国の仮想通貨擁護団体であるデジタル商工会議所(CDC)は、米証券取引委員会(SEC)がリップルラボを相手取った訴訟で、ニューヨーク南部地区の裁判所から、法廷助言者として参加する承認を得た。法廷助言者は、情報、専門知識、見識を提供することで裁判所を支援することを許可するもの。

参照元:仮想通貨・ビットコインのニュースサイト|コインテレグラフ ジャパン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。