米ドル円上昇 自動売買買い追加 【ループイフダン設定2021年11月23日】

パウエル議長続投が決まり、米10年債利回りが上昇、米ドル円も再上昇の勢いを見せています。ループイフダンもその流れに乗せて利益拡大させたいところです。私のループイフンダン運用の特長運用通貨:米ドル円のみのシプル運用2021年8月改定最大レバレッジ2.5倍前後(200万円での最大ポジション5万通貨)ループイフダン仕掛けは分割手動売買も時折使用カバードコール戦略中心にFXオプションを使用する。チャンスと思われる時にはコールオプション買いを使うこともある。運用開始時資金200万円(最低運用資金10万目安)オプションも使う場合の最低資金目安は40万円この運用をご覧になるのが始めての方は、「【最初に】運用方針と考え方」からお読みになることをおすすめいたします。米ドル円買い新規設定追加今回の設定は、米ドル円15銭買いです。米ドル円が15銭下落するごとに買いポジションを1000通貨づつ増やしていくタイプです。稼働時に1本目の買いポジションが出来ているので、残り9本×15銭で1円35銭下落まで買い進みます。本日の朝稼働開始しています。米国金利の本格的な上昇開始はまだ先のようですが、為替市場はかなり敏感に反応していて、米ドル円は上げやすい展開が続いています。この設定も、その流れに乗って利益を増やしてくれることを期待しています。ループイフダン 現在の稼働状況米ドル円買い設定が2本、15銭と50銭です。1円35銭下がると、15銭買い設定の買いポジションは10本となって、最大ポジション数に達します。いつもであれば、FXオプションでカバードコール設定をするところですが、今回は見送るかもしれません。米ドル円が強いので、カバードコールで上昇時の利益にフタをするよりも、放っておいた方が良い気がするからです。この辺は、その時点の局面に合わせて判断をしていきます。リピートでループイフダンを選んだ理由一通りのリピート系自動売買を試して、ループイフダンに戻ってきました。ループイフダンを選んだ理由は3つあります。追尾型であることスワップポイント受取が高目であることスプレツド+手数料負担が軽い事これらの特徴より、私の「米ドル円買い」を中心のリピート系自動売買に最も合うと感じています。ループイフダン運用の主要ページループイフダンFXの特徴ループイフダン+カバードコール戦略 運用状況ループイフダン 現在の設定カバードコール戦略 設定状況ループイフダン スワップポイント調査サイト内他記事お気楽FX 相場生活入門トップページ

参照元:お気楽FX 相場生活入門編

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。