トルコリラ円スワップポイント30%激減の理由 一体何が起きているのか?

毎日午前中に集計しているスワップポイントですが、トルコリラ円で大きな変動が起きています。FX各社が2月19日にトルコリラ円スワップポイントを一斉に引き下げてきている感じです。本日夜にもトルコ中銀で0.5%程度の引き下げがあると予想はされているのですが、それ以上の引き下がり方です。私の方で記事としてまとめてあった2月14日と2月19日で比較してみると、その変動ぶりが確認できます。2月19日状況トルコリラ円買い 高スワップポイント受取上位口座FX口座名スプレッド買いトライオートFX1.6銭46ヒロセ通商原則固定1.9銭32くりっく3653-5銭31GMOクリック証券FXネオ1.7銭原則固定(※例外あり)27みんなのFX原則固定1.8銭20LIGHT FX原則固定1.8銭20FXプライム byGMO4.8銭~最大203.8銭(※例外あり)172020年2月14日状況トルコリラ円買い 高スワップポイント受取上位口座FX口座名スプレッド買いくりっく3653-5銭50.3トライオートFX1.6銭46ヒロセ通商原則固定1.9銭45みんなのFX原則固定1.8銭30LIGHT FX原則固定1.8銭30GMOクリック証券FXネオ1.7銭原則固定(※例外あり)29FXプライム byGMO4.8銭~最大203.8銭(※例外あり)29トライオートFXだけが同値で変動なしなのですが、それ以外は軒並み10円以上下げています。50円⇒31円と30円⇒20円という下がり方ですので、全体的に前回より30%以上減っている感じです。政策金利を1%や2%下げたレベルの減り方ではありませんよね。現状維持のトライオートFX口座も明日発表分以降はわかりません。この変動の原因は、政策金利だけではなさそうですね。トルコは、シリアでのイドリブ県をめぐる争いでロシアなどと揉めています。米国も絡んできていて、すでに内戦状態となっています。2月16日:米トルコ首脳、電話会談 シリア情勢巡り 2月18日:シリア大統領「進軍継続」 トルコと衝突辞さず 2月19日:イドリブ県を処遇めぐるロシアとトルコの交渉決裂スワップポイント水準は、政策金利並みに回復するかどうかは、この辺の混乱がどの方向に進むかにかかっていそうです。私は、日々のスワップポイント観察を続けます。table.duirbk{table-layout:fixed;border-collapse: collapse;}table.duirbk td{padding:5px;background-color:#FFFFFF;}table.duirbk th.colh{padding:5px;background-color:#CADAAA;color:#000;}table.duirbk th.rowh{padding:5px;background-color:#F5F5F5;color:#000;}table.duirbk,table.duirbk td,table.duirbk th{border:solid 1px #C0C0C0;}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。