1万円寄付で後世に名を残す 心を揺さぶる「ふるさと納税 ユニークな取組」

2015年の「ふるさと納税」は、内容が格段に充実しています。肉、果物、海産物となんでも揃っている。商品券もあるのでいろんな用途に使える。旅館、航空券も入手できるのでふるさと納税で家族旅行も有り。 払う税金はほぼ一緒で国内旅行や海外旅行もできるようになるし、いろんな特産物も楽しめます。実施する自治体も大幅に増加しているため、ふるさと納税のポータルサイトは楽天市場のような賑わい振りです。ふるさと納税は、私達納税者にとって大きなメリットがあります。有効活用していきたいものです。今年でてきたユニークなものもあります。例えば「歴史的建造物に名を残す」というものです。青森県弘前市で行っている100年ぶりに行われる弘前城本丸の石垣修理への寄付をふるさと納税で行えます。参考:弘前市のふるさと納税「一口城主」 寄付の特典として頂けるのが、「城主証」と「芳名録への記載」です。「芳名録への記載」というのは、弘前公園内に設置するものでその中に寄付をした方の名前が入ることになります。こういうのは、よく神社などで100万円くらい寄付するとやってくれたりするものですが、1万円で自分の名を残せるというのはあまり聞いたことがありません。寄付をして城の修復が終わったら観光がてら自分の名前をみにいくなんてのも面白いですよね。このユニークな取り組みは、青森県弘前市にとってはいくつものメリットがあります。城改修の寄付金が効率的に集まる名前を身に寄付をした人が観光にくるしかも、何度もくるかもしれない。通常のふるさと納税は、寄付金の3~5割くらいは特産物で還元する形になります。でも、弘前市のケースはそこまでの費用はかからず目的とする城改修に使うことができます。それなのに、芳名録に名前を書かれた人たちは弘前市に名前をみがてら観光にくる可能性が非常に高いですよね。しかも、ちょっと自慢もしたかったりして家族も多目に連れてきたりするかもしれません。多分、私ならそういう消費行動をするだろうという気がします。私は、青森県の隣岩手県がふるさとなので比較的手軽に弘前市に行けることもあるためこの寄付も有力候補として検討しています。今後もこういうユニークな形が出てきそうで楽しみです。今年の「ふるさと納税」は本当に様々なものがありますので、寄付枠のある方は商品をみながら家族で楽しく検討してみても良いと思います。我が家では、毎年の楽しみの一つとして定着しております。

参照元:お気楽FX 相場生活入門編

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。