アングル:新日本監査法人に初の課徴金、監査法人は淘汰の時代へ

[東京 22日 ロイター] - 東芝の不正会計問題で、金融庁が同社の会計監査を担当していた新日本監査法人に行政処分を課したことで、あらためて監査業務に対する視線が厳しくなりそうだ。同庁は、監査制度の信頼性回復のために監査法人向けのガバナンスコードの策定に向けた検討に乗り出した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。