米株保有8年ぶり低水準、利上げの影響懸念=BAML投資家調査

[ロンドン 15日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)の月次調査によると、米国株への資産配分が8年ぶりの水準に減少した。12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米利上げの影響をめぐる懸念からリスク資産を手放す動きが加速した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。