アングル:不正見抜けなかった東芝の監査法人、業務停止の可能性も

[東京 7日 ロイター] - 東芝の不正会計問題で、証券取引等監視委員会が過去最高額の課徴金勧告を出したことで、焦点は東芝の監査を担当してきた新日本監査法人への金融庁の処分に移った。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。