アングル:世界の半導体メーカー、自動車関連参入目指し合併相次ぐ

[ベルリン 4日 ロイター] - 半導体業界では、かつて主力分野であったコンピューターと携帯電話の両市場の需要低迷を背景に、各社は売上高増大を目指して自動車向けエレクトロニクス分野に目を向けており、この1年、目標達成に向けた企業合併の動きが相次いでいる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。