マリのホテル襲撃で最低27人死亡、アルカイダ系組織が犯行声明

[バマコ 20日 ロイター] - 西アフリカのマリの首都バマコで20日、武装集団が高級ホテルを襲撃し、170人を人質にとって立てこもった。その後、治安部隊が突入し、国連当局者によると少なくとも27人が死亡したほか、武装グループの2人が殺害された。この事件でアルカイダ系武装組織「アルムラビトゥン」が犯行声明を出した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。