焦点:仏経済、パリ攻撃で先行き懸念 「愛国消費」と治安費カギに

[パリ 17日 ロイター] - 129人の犠牲者を出したパリの同時多発攻撃事件を受けて、フランス経済の先行きが非常に見極めにくくなっている。小売りや観光セクターの見通しは不透明だが、公的部門はセキュリティー強化のための支出拡大に動いており、フランス経済の一定の支援材料になる可能性がある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。