シュミット元西独首相が死去、通貨ユーロ誕生の道開く

[ベルリン 10日 ロイター] - 旧西ドイツの首相を務めたヘルムート・シュミット氏が10日、死去した。96歳だった。シュミット氏は冷戦さなかの1974─85年に西ドイツ(当時)の首相を務め、ジスカールデスタン仏大統領(当時)とともに欧州通貨制度(EMS)の構築に取り組み、欧州単一通貨ユーロ誕生の道を切り開いた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。