寄り付きの日経平均は大幅反発、ECB追加緩和示唆を好感

[東京 23日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比326円78銭高の1万8762円65銭となり、大幅に反発して始まった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が12月の追加緩和の可能性を示唆したことで欧米株が上昇。ドル高/円安進行も支援材料となり、主力株が総じて上昇している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。