クリントン氏、南シナ海めぐる仲裁裁判所判断を歓迎

[ワシントン 12日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名が確実となったヒラリー・クリントン前国務長官は12日、南シナ海は米国経済にとって「決定的に重要」とし、中国が主権を主張している独自の境界線「九段線」に法的根拠はないとしたオランダ・ハーグの仲裁裁判所の判断を歓迎する姿勢を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。