前場の日経平均は3日続落、円高懸念が上値押さえる

[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比35円62銭安の1万5343円37銭と3日続落した。前日の米国株は上昇したものの、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる懸念が広がるなかで、一段の円高進行を警戒した売りに押された。もっとも金融株などが買い戻しを交えて強含み、指数を下支えした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。