マドリードが優遇税制検討、ロンドンから投資呼び込み狙う

[マドリード 4日 ロイター] - スペイン・マドリード市の地方政府は、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて、ロンドンから移転する企業に対する優遇税制の実施を検討していると明らかにした。国際金融の中心であるロンドンから英大手銀行や外資系企業を誘致し、雇用増につなげたい考え。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。