アングル:短観試算の需給ギャップ、小幅悪化 設備過剰感で

[東京 1日 ロイター] - 日銀が1日に公表した6月短観(全国企業短期経済観測調査)では、企業の設備過剰感が小幅ながら前回3月短観より拡大し、雇用の不足感が若干緩和した。設備や雇用の過剰・不足は、日銀が人々の物価観とともに物価の基調的な動きを決める最も大きな要因として重視しており、今後物価の上昇圧力を弱める要因にもなりそうだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。