日銀7月会合で迫られる追加緩和、金利大幅低下は弊害=早川元日銀理事

[東京 29日 ロイター] - 元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは29日、物価下振れが必至とみられることなどから、日銀が7月28、29日に開く金融政策決定会合で追加緩和をせずに乗り切るのは「かなり厳しい」との見解を示した。国債買入やマイナス金利という手段にも限界があるとし、緩和策は貸出支援制度へのマイナス金利適用や上場投信信託(ETF)など質的拡充の可能性を指摘した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。