Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加


Google(グーグル)の検索エンジンにイーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」に向けたカウントダウン機能が実装されたことが明らかになりました。これにより、Googleの検索ページで『Ethereum Merge』と検索することによって「マージまでの残り時間・現在の難易度・ハッシュレート」などを確認することができるようになりました。

こちらから読む:De:Lithe Φ、第1回NFTセール開催へ「暗号資産」関連ニュース

残り時間・現在の難易度・ハッシュレートなどを表示

Google(グーグル)の検索エンジンにイーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」に向けたカウントダウン機能が実装されたことが明らかになりました。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の「The Merge(マージ)」とは、イーサリアムで採用されているコンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)を「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」へと移行する大型アップグレードであり、イーサリアムの歴史上最も重要なアップグレードとしても注目されています。

The Mergeはマイニングの最終合計難易度(Terminal Total Difficulty/TTD)が「58,750,000,000,000,000,000」に到達したタイミングで実行されることになっており、これは2022年9月15日頃になる予定だと報告されていましたが、現在はGoogleの検索ページで簡単にマージまでの残り時間を確認することができるようになっています。

記事執筆時点では日本語検索には対応していないものの、Googleの検索ページで『Ethereum Merge』と検索すると以下のような画面が表示されるため、この画面で「マージまでの残り時間・現在の難易度・ハッシュレート」などを確認することが可能となっています。

(画像:Google)(画像:Google)

画面上に描かれている2頭のクマはマージに向けて徐々に近付いてきているとのことで、『最終的にアップグレードが完了すると、2頭のクマが合体して1頭のパンダが誕生する』とも報告されています。

GoogleのWeb3カスタマーエンジニアであるSam Padilla氏によると、この機能実装のアイデアはGoogle従業員の間で過去2週間以内に提案されたものであるとのことで、掲載されているデータはイーサリアムのネットワークから直接リアルタイムで取得されていると伝えられています。


イーサリアムの「The Merge」に向けた準備は世界中の様々なサービスで進められており、現在は多くの暗号資産取引所・関連サービスから対応方針が発表されている他、一部ではイーサリアムのステーキングサービス開始に関する発表なども行われています。


イーサリアム(ETH)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。