イーサリアム:The Merge第一弾「Bellatrix」アップデートを完了


イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」における第一段階となる「Bellatrix(ベラトリックス)」が日本時間2022年9月6日20時34分に予定通り完了したことが明らかになりました。

こちらから読む:LG、テレビ用NFTプラットフォーム発表「暗号資産」関連ニュース

暗号資産取引所もETH関連サービスを再開

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」の第一段階となる「Bellatrix(ベラトリックス)」が日本時間2022年9月6日20時34分に予定通り完了したことが明らかになりました。

The Merge(マージ)は、現在のDeFi・NFTが動いているETH1のアップデート「Paris(パリ)」と、それと並行して運用されているETH2のアップデート「Bellatrix(ベラトリックス)」の2部で構成されていますが、今回はこの第1段階となるBellatrixのアップデートが完了しています。

Bellatrixアップデートは「エポック144,896」のタイミングで実施されていますが、アップデート実施後も新しいブロックが順調に生成されていることが報告されており、現在は「エポック145,035」までファイナライズされています。

(画像:beaconcha.in)(画像:beaconcha.in

残すアップデートは最終段階となる「Paris」のみとなりましたが、Bellatrixアップデートが予定通り完了したことによって、以前から伝えられていた『Parisの実施日は2022年9月15日頃になる』との予想がより現実味を帯びてきました。

なお、ETHを取り扱っている暗号資産取引所の多くは『Bellatrixに伴う、ETH関連銘柄のサービス一時停止』を発表していましたが、今回のBellatrixアップデート完了を受けて、現在は様々な暗号資産取引所から『ETH関連銘柄のサービス再開』が報告されています。


イーサリアム(ETH)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。