NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説


日本円だけで簡単にNFTを発行・売買することができるNFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」に関する基本情報や特徴などを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:ヘキサ関連の記事を新着順で確認「HEXA」関連ニュース

HEXA(ヘキサ)とは?

HEXA-Logo

HEXA(ヘキサ)とは、メディアエクイティ株式会社が提供する「日本円だけでNFTの発行・売買を行うことができること」を特徴とした日本のNFTマーケットプレイスです。HEXAは仮想通貨決済に加えてクレジットカード決済にも対応しているため、パソコンやスマホから簡単にNFTを購入することができます。

アカウント作成も非常に簡単で、Twitterアカウントを持っていれば「Twitterアカウント認証」で簡単にアカウントを作成することが可能、仮想通貨やウォレットは一切不要で、すぐにNFTを購入・売却したり、発行したりすることができるように設計されています。

また、HEXAは「HEXAメタバース」と呼ばれる独自の仮想空間も提供しているため、「HEXA住民票NFT」と呼ばれるNFTを持っていれば、自分が保有するNFTをHEXAメタバースに展示したり、仮想空間上に存在する自分の部屋のレイアウトを変更したりすることも可能となっています。

HEXAはイーサリアム(Ethereum/ETH)ポリゴン(Polygon/MATIC)のブロックチェーンに対応しているため、NFTを発行・販売する場合にはイーサリアムかポリゴンの好きな方を選択して、選択したブロックチェーンを基盤にNFTを発行することができます。販売方法や販売期間も自分で簡単に設定することが可能で、NFTが転売された場合に二次流通ロイヤリティを受け取ることができる「二次ロイヤリティ」を設定することなども可能となっています。

HEXA(ヘキサ)の特徴

Blockchain-Catch

HEXA(ヘキサ)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

Twitterアカウントで簡単に利用可能

HEXA(ヘキサ)は「Twitterアカウント」を利用することによってワンクリックで簡単にログインできるため、アカウント作成手続きなどが面倒に感じる方でも気軽にサービスを利用することができます。

TwitterアカウントでHEXAにログインする場合には、HEXA公式サイトの右上に表示されている「人型のアイコン」から「ログイン」のボタンをクリックし、表示されたTwitterのページがアカウント作成に利用したいTwitterアカウントであるかどうかを確認した上で「連携アプリを認証」のボタンをクリックすることによって、そのTwitterアカウントでログインすることが可能となります。

HEXAの画像HEXAの新規登録はこちら

仮想通貨・ウォレット・ガス代不要のNFTマーケット

HEXA(ヘキサ)はクレジットカード決済に対応しているため、仮想通貨やウォレットを準備することなく、簡単にNFTを発行・販売・購入することができます。アカウント作成・NFTの発行販売・NFTの購入も非常に簡単な手順で行うことができるため、『仮想通貨は持っていないがNFTを触ってみたい』という方などにも魅力的なサービスとなっています。

なお、HEXAは仮想通貨決済(XYM決済)にも対応しており、希望する場合には「MetaMask(メタマスク)」などの仮想通貨ウォレットを連携することもできるため、ウォレットを連携して仮想通貨関連の機能を利用することもできるようになっています。

NFTの発行・販売が非常に簡単

HEXA(ヘキサ)はNFTを発行・販売する作業も非常に簡単で、公式サイトログイン後に画面右上の「NFTを販売」のボタンをクリックし、NFTとして発行したい作品(画像・動画・音声・3Dデータ等)をアップロードして、条件設定を行うだけでNFTを発行・販売することが可能となっています。

NFTを発行できるサービスは国内外に複数ありますが、HEXAは日本語と英語の両方に対応したNFTマーケットプレイスであるため、英語が苦手な方でも簡単にNFTを発行することができます。

NFT発行時の設定項目が豊富

NFT発行時の条件設定では「販売時の決済手段・発行チェーン・販売方法・希望販売期間・二次ロイヤリティの還元率・販売価格・タイトル・説明文」などを自分で決めることができる他、「保有者限定袋とじメッセージ・保有者限定袋とじコンテンツ・エアドロップ発行・非公開販売」などの設定を行うことも可能です。

【設定可能な条件の例】

  • 作品の指定(画像・動画・音声・3Dデータ・ツイート等)
  • 日本円での販売/仮想通貨での販売
  • 発行チェーン(MATIC/ETH)
  • 販売方法(固定価格/オークション)
  • 販売方法(先着順/抽選)
  • 希望販売期間(最大1ヶ月間の中で指定)
  • 二次ロイヤリティの還元率
  • 発行価格
  • タイトル(50文字以内)
  • 説明文(任意で1,500文字以内)
  • 保有者限定袋とじメッセージ(任意)
  • 保有者限定袋とじコンテンツ(任意)
  • エアドロップ発行の有無
  • 非公開販売の有無
  • 権利関係の補足事項(任意)
  • 審査時の補足情報(任意)

仮想通貨決済での販売・購入が可能

HEXA(ヘキサ)は「日本円だけでNFTの発行・売買を行うことができること」を特徴としていますが、現在は仮想通貨決済にも対応しているため、希望する場合には仮想通貨でNFTを販売・購入することもできます。

記事執筆時点で支払い手段として利用可能な仮想通貨はシンボル(Symbol/XYM)のみとなっていますが、今後対応銘柄が拡充されればより多くの仮想通貨コミュニティがHEXAに参加し、HEXAや対象仮想通貨のコミュニティの活性化にもつながると期待されます。

HEXAメタバースでNFTの展示などが可能

HEXA(ヘキサ)は独自の仮想空間である「HEXAメタバース」も展開しているため、「HEXA住民票NFT」と呼ばれるNFTを持っていれば、自分が保有するNFTをHEXAメタバースに展示したり、仮想空間上に存在する自分の部屋のレイアウトを変更したりすることも可能となっています。

HEXAメタバースでは他のユーザーの部屋を訪れることもでき、展示されているNFTをクリックすればそのNFTの詳細を確認することも可能、そのままNFT販売ページに移動して購入手順に進むこともできるように設計されています。

この仮想空間にはパソコンやスマホから簡単にアクセスできるため、自分の仮想空間上の家にNFTを美しく飾れば、そのNFTが他ユーザーの目に触れる機会も増え、実際のNFT購入にもつながる可能性があると期待されます。

HEXAメタバースで「レンタルNFT展示」が可能

HEXAメタバースでは「レンタルNFT展示機能」が提供されているため、対象となる住民票NFTの部屋を有している場合は「貸し出されたNFT」を部屋に飾ることもできます。なお、貸し出されたNFTの保有者表記は貸主のままとなり、いつでも転売・譲渡することが可能となっています。

レンタルNFT展示機能を活用すれば「他のユーザーからレンタルしたNFTをまとめて展示した美術館」を作成したり、「複数のNFT保有者が参加するメタバース上の協賛空間」を設営したりすることができるため、より魅力的な方法でNFTを展示して、人々の目に触れる機会を拡大することができると期待されます。

HEXA(ヘキサ)で利用可能な決済手段

HEXA(ヘキサ)で利用可能な決済手段は2022年9月時点で以下の2種類となっています。
・日本円(クレジットカード:VISA・Master・JCB・American Express・Diners)
シンボル(Symbol/XYM)

NFT発行時に利用可能なブロックチェーン

イーサリアム(Ethereum/ETH)
ポリゴン(Polygon/MATIC)

HEXA(ヘキサ)関連リンク

HEXA公式サイト
HEXA公式Twitter
HEXA公式Facebook
HEXA公式Instagram
HEXA公式YouTube

Twitterアカウントで簡単登録「HEXA(ヘキサ)」の新規登録は以下のリンクからどうぞ。

HEXAの画像HEXAの新規登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。