オーケーコインジャパン、IOSTステーキングサービス開始日決定

オーケーコインジャパン、IOSTステーキングサービス開始日決定

国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)が、暗号資産アイオーエスティー(IOST)のステーキングサービスを1月26日17:00より開始することが分かった。

ステーキングとは、対象となる暗号資産を保有したユーザーが、ブロックチェーンのネットワークにそのトークンを預け入れてネットワークに貢献することで、対価としてトークンの報酬が得られる仕組みのことだ。

オーケーコインジャパンの提供するIOSTのステーキングサービスでは、ロック期間の制限がない「フレキシブル」プランと、30日・60日のロック期間がある「定期」プランがあるとのこと。60日の定期プランでは、年率8.88%のステーキング報酬が得られるという。

またステーキング報酬は毎日ユーザーの口座に付与されるとのことだ。なおステーキング中のIOSTはコールドウォレットで管理されるとのこと。

オーケーコインジャパンは昨年9月よりIOSTの取り扱いを開始している。現在同取引所ではアイオーエスティー(IOST)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、オーケービー(OKB)、エンジンコイン(ENJ)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の全11銘柄の暗号資産を取り扱っている。

関連ニュース

オーケーコインジャパン、暗号資産IOSTのステーキングサービス提供へ

オーケーコインジャパン、暗号資産IOST上場へ

初心者でも分かる「イーサリアム、マイニングとステーキングの違い」

参考:オーケーコインジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。