今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は120円へ、ユーロ/米ドルは 1.05~1.06ドルへ向かう動きに! 米ドル 買いのポジションを維持する方針は継続 ブログ

米ドル/円は120円へ、ユーロ/米ドルは 1.05~1.06ドルへ向かう動きに! 米ドル 買いのポジションを維持する方針は継続

バイデン米大統領は、継続性を重視して、パウエルFRB議長の再任を選択し、ブレイナード氏を次期FRB副議長に指名 今週(11月22日~)の一番のニュースは、何と言ってもFRB(米連邦準備制度理事会)の次期議長人事でした。
 候補者は、パウエル現FRB議長と、ブレイナード現FRB理事の2人に絞られていました。
 ブレイナードさんは、パウエルさんよりもハト派、つまり金融引き締めに対して慎重だと言われていましたので、ブレイナードさんが新しいFRB議長に選ばれれば、米ドルは下落するのではないかと言われていまし...
米ドル/円は、近いうちに115円を突破して 118円を目指す。米ドル/円・ユーロ/米ドル などでの米ドル買い方針を今後も継続 ブログ

米ドル/円は、近いうちに115円を突破して 118円を目指す。米ドル/円・ユーロ/米ドル などでの米ドル買い方針を今後も継続

全体としては米ドル高傾向が続いている 先週のコラムで、結局は米ドル高トレンドになっていくという話をしました。その後、全体としては米ドル高傾向が続いています。
【参考記事】●米ドル/円、時間はかかるが120円へ向かう展開へ。米国の物価は約31年ぶりの高水準、ユーロ/米ドルは1.05ドルあたりを目指しそう(11月11日、今井雅人)
ドルインデックス 4時間足(出所:TradingView)
 改めてもう一度確認をしておきますが、世界各国の中で、米国が先行して金融政策を引き締め方向に転換したことが最大の要...
米ドル/円、時間はかかるが120円へ向かう 展開へ。米国の物価は約31年ぶりの高水準、 ユーロ/米ドルは1.05ドルあたりを目指しそう ブログ

米ドル/円、時間はかかるが120円へ向かう 展開へ。米国の物価は約31年ぶりの高水準、 ユーロ/米ドルは1.05ドルあたりを目指しそう

BOEが事前予想をくつがえす現状維持を決定し、英ポンドが急落 みなさん、今週もよろしくお願いします。
 さて、まずはこの1週間の動きを振り返ってみましょう。
 BOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])は、11月4日(木)にMPC(英金融政策委員会)の結果を公表しました。
 事前予想では、今回利上げを決定するのではないかと言われていましたが、実際は、政策金利を0.1%に据え置くことを賛成7、反対2で決定をしました。
 また、あわせて量的緩和政策に関しては、国債の買い入れ残高を8750億ポンドに維持...
米ドル/円が、1米ドル=113円を割り込む 展開は想定しづらい。中期的には米ドル高 トレンドが継続、米ドル買いのトレードで! ブログ

米ドル/円が、1米ドル=113円を割り込む 展開は想定しづらい。中期的には米ドル高 トレンドが継続、米ドル買いのトレードで!

 こんにちは。私事ではありますが、衆議院議員選挙に落選をいたしました。
 これから、時間ができましたので、これまでよりもしっかり相場状況をみていくことにします。
FOMCはすべて想定の範囲内。市場では材料出尽くし感が広がっている 今週(11月1日~)はFOMC(米連邦公開市場委員会)がありました。
 FOMCでは、事前予想のとおり、政策金利を据え置いた上で、テーパリング(資産購入の段階的縮小)の開始を決定しました。
 現在は月額1200億ドルのペースで進めている資産購入について、11月から毎月150...
米ドル/円は114円台後半のポイントを何度か 試したあと、上方向に抜けるイメージ。 米ドル高の動きが出るまで、しばらく我慢! ブログ

米ドル/円は114円台後半のポイントを何度か 試したあと、上方向に抜けるイメージ。 米ドル高の動きが出るまで、しばらく我慢!

米ドル/円はこの1週間、113円台半ばから114円台半ばでのレンジ相場に この1週間の米ドル/円の動きを少し振り返ってみたいと思います。
 先週のコラムでは、米ドル/円について以下のようにお伝えしました。
.blockquote { background-color: #f0f0f0; margin: 15px 15px 0; position: relative; padding: 40px 15px;}.blockquote:before{ position:abs...
米ドル/円は114円台後半の最重要ポイントを ブレイクするかどうかというところまできた。 過去の高値が集中するここを上抜けられる? ブログ

米ドル/円は114円台後半の最重要ポイントを ブレイクするかどうかというところまできた。 過去の高値が集中するここを上抜けられる?

この1週間は先週のコラムで書いたとおりの動きに 先週10月14日(木)、このコラムでは以下のようにお伝えしましたが、この1週間はまさにそのとおりの動きとなってきています。
.blockquote { background-color: #f0f0f0; margin: 15px 15px 0; position: relative; padding: 40px 15px;}.blockquote:before{ position:absolute; content...
1米ドル=114円台半ばが当面のターゲットに。 米金融政策の方向性がはっきりしている以上、 米ドル高がまだ続く可能性が高い! ブログ

1米ドル=114円台半ばが当面のターゲットに。 米金融政策の方向性がはっきりしている以上、 米ドル高がまだ続く可能性が高い!

米ドル高本格化の予想どおりの動きに 9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)以来、米国の金融引き締めの動きから米ドル高相場が本格化するという予想をずっとしてきましたが、ここまではほぼ予想どおりの動きになっています。
【参考記事】●米ドル/円は114円台を目指す動きへ。岸田内閣誕生で日本株大幅安も、リスクオフの円高は続かず、結局は米ドル高の相場に(10月8日、今井雅人)●ユーロ/米ドルに大相場の可能性! 目立ったチャートポイントのない空白地帯が続き、1.06ドル台までの大幅下落も!(10月1日、今井雅人...
米ドル/円は114円台を目指す動きへ。 岸田内閣誕生で日本株大幅安も、リスクオフの 円高は続かず、結局は米ドル高の相場に ブログ

米ドル/円は114円台を目指す動きへ。 岸田内閣誕生で日本株大幅安も、リスクオフの 円高は続かず、結局は米ドル高の相場に

米国より日本の株式市場の下落幅が大きい要因は、岸田内閣の誕生以外に思い浮かばない 10月4日(月)に岸田文雄さんが第100代の内閣総理大臣に選ばれました。
 その前後の株式市場の動きを見ると、日経平均は8日連続の下落という約12年ぶりの弱気相場となりました。
日経平均 日足(出所:TradingView)
 もちろん、中国の恒大集団のデフォルト騒ぎや、米国の債務問題などが世界的な株安を招いていることが、株式市場下落の主たる要因です。
【参考記事】●クロス円に先導されるようにリスクオフ加速、中国は大型...
ユーロ/米ドルに大相場の可能性! 目立ったチャートポイントのない空白地帯が 続き、1.06ドル台までの大幅下落も! ブログ

ユーロ/米ドルに大相場の可能性! 目立ったチャートポイントのない空白地帯が 続き、1.06ドル台までの大幅下落も!

米国の金融政策変更で、米ドル高となった1週間に 先週、9月24日(金)のコラムで、米国の金融政策変更で中期的な米ドル高相場へ向かうという見通しをお示ししました。
【参考記事】●米ドル買い選好方針を継続! FOMCで決定された、非常に重要な内容とは?(9月24日、今井雅人)
 その後の1週間は、まさにそのとおりの展開となっています。
ドルインデックス 4時間足(出所:TradingView)
 今回は、FOMC(米連邦公開市場委員会)においての金融政策変更という非常にわかりやすい材料に、市場が素直に反...
米ドル買い選好方針を継続! FOMCで決定された、非常に重要な内容とは? ブログ

米ドル買い選好方針を継続! FOMCで決定された、非常に重要な内容とは?

パウエルFRB議長がテーパリングの開始を11月のFOMCで決定する見通しを示した 9月21日(火)、22日(水)に金融市場大注目のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されました。
 ここで非常に重要な内容が決定されましたので、今回は、そこを中心にお話をしていきたいと思います。
 まず、FOMCの声明文を読むと、こういう内容が書いてあります。
 「経済活動が予想どおり進めば、資産購入ペースを緩めることが早急に十分な根拠を得るだろう」
 現在、FRB(...