ドル120円前半、方向感欠く値動き

[東京 28日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ変わらずの120円前半。仲値にかけては小規模な実需のドル買いが散見されたが、その後は底堅さを保ちつつ、方向感に乏しい小動きの展開に終始した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。