正午のドルは120円前半、年末相場で方向感出ず

[東京 28日 ロイター] - 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の120.39/41円だった。仲値付近で実需筋のドル買いの勢いが強まり、120.55円まで上昇したが、その後は方向感が出なかった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。