焦点:米利上げで残る新興国通貨不安、資本流出リスクが火種

[東京 17日 ロイター] - 米利上げという今年最大のイベントをこなした市場にくすぶるのは、新興国通貨への不安だ。利上げ決定直後はブラジルレアルなど高金利通貨を筆頭に買い戻されたが、ドル建ての過剰債務を抱える新興国では債務負担の増大が懸念される。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。