COP21がパリ協定採択し閉幕、化石燃料依存からの歴史的転換に

[パリ 12日 ロイター] - パリで開催されている第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)は12日、地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を採択して閉幕した。歴史的な合意には、先進国も途上国も、すべての国が温室効果ガスの排出量削減に向けた行動をとることが明記された。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。