来週のドル/円、米雇用統計が弱ければ下方リスク

[東京 4日 ロイター] - 来週の外為市場でドル/円は、米雇用統計が弱いようならいったん下落するリスクがありそうだ。欧州中央銀行(ECB)の緩和策への失望を受けたユーロ買い戻しが続いた場合や、リスク回避ムードが台頭して株価が崩れるような事態も、ドルの下押しにつながりやすいとして警戒されている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。