短期的な振れ幅大きいが長期的にはリスク小さい=GPIF運用で官房長官

[東京 30日 ロイター] - 菅義偉官房長官は30日午後の会見で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2015年7―9月の運用損益に関連し、短期的な振れ幅は大きいが、長期的な観点からすればリスクは小さいとの見解を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。