ドル/円上値重いスタート、仏同時攻撃影響見極め=今週の外為市場

[東京 16日 ロイター] - 今週の外為市場でドル/円は、先週末にフランスで発生した同時多発攻撃を踏まえ、週前半は上値が重くなりやすそうだ。ただ、米12月利上げ開始の思惑が強まれば底堅い展開になるとみられ、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や経済指標の発表に関心が寄せられる。日本の7─9月国内総生産(GDP)が市場予想からかい離した場合、日銀の追加緩和への思惑をも巻き込んで相場が動く可能性もある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。