寄り付きの日経平均は反落、高値警戒感から利食い優勢

[東京 11日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比69円25銭安の1万9602円01銭と6営業日ぶりに反落した。米国株がまちまちとなり手掛かり材料に欠けるなかで、短期的な高値警戒感から利益確定売りが優勢となっている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。