日本株「郵政祭り」が一服、下期以降の企業業績は不透明

[東京 6日 ロイター] - 郵政グループ3社の上場フィーバーは一段落し、日本株市場には慎重ムードも漂っている。12月の米利上げを織り込む動きから、ドル/円<JPY=EBS>は円安方向にジリジリと動いているが、輸出株の上値は重い。「影のFF(フェデラルファンド)金利」の上昇が米経済を圧迫。中国経済にも不安が残る。これまでのところ、日本企業の2015年度中間期決算は好調だが、下期から来年度に向けた見通しには不透明感が増している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。