国連機関、シリアでの化学兵器使用を断定 「イスラム国」か

[ハーグ 5日 ロイター] - 化学兵器禁止機関(OPCW)がまとめた機密報告書によると、過激派組織「イスラム国」とシリアの反体制派との戦闘で化学兵器のマスタードガスが使用されていたことが分かった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。