アングル:ポーランド右傾化で高まるEUとの対立懸念

[ブリュッセル 26日 ロイター] - ポーランドで25日に実施された総選挙で、欧州連合(EU)に懐疑的な姿勢を示し、難民受け入れに反対する保守系野党「法と正義(PiS)」が圧勝し8年ぶりに政権交代する見通しとなったことを受け、EU指導部に懸念が広がっている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。