寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行

[東京 20日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比76円39銭安の1万6646円92銭となり、反落して始まった。前日まで6日続伸と、短期的な過熱感が意識される中、利益確定売りが先行している。不動産、建設など内需関連の一角が買われる一方、外需や金融セクター、資源関連は軟調。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。