仲裁判断は法的拘束と見なすべき 米見解、中国は不快感表明

[ワシントン 12日 ロイター] - 国際的な仲裁裁判所が、中国には南シナ海の海域内の資源に対する歴史的な権利を主張する法的な根拠はないとの判断を下したことについて、米政府は12日、仲裁判断は最終的かつ紛争当事国を法的に拘束するものと見なすべきであり、緊張を高める理由にしてはならないとの見解を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。