アングル:世界的な国債利回りマイナス化、財政政策へ転換促す

[ロンドン 6日 ロイター] - 英国民投票で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まって以来、主要各国の長期金利が急低下している。これは世界経済に新たな一撃が見舞われたという金融市場からの審判にほかならない。政策当局は軸足を金融政策から財政政策に移すよう迫られそうだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。