NAND型メモリー、18年度に生産3倍に 3D軸=東芝副社長

[東京 6日 ロイター] - 東芝でメモリー事業を率いる成毛康雄副社長(社内カンパニーのストレージ&デバイスソリューション社社長)は6日の投資家向け説明会で、主力のNAND型フラッシュメモリーの生産を2018年度に前年度比3倍(容量ベース)に引き上げる計画を明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。