日銀試算の需給ギャップ、1─3月は-0.12% 4四半期連続でマイナス

[東京 5日 ロイター] - 日銀は5日、1─3月期の需給ギャップがマイナス0.12%になったとの試算を発表した。昨年10─12月期のマイナス0.33%から改善した。需給ギャップのマイナスは4四半期連続となる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。