甘利担当相「投資しないのは重大な誤り」、企業のマインド転換迫る

[東京 16日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は16日、企業に投資を促す「官民対話」後に記者会見し、「過去最高の原資がありながら投資しないのは、企業経営者として重大な経営判断の見誤りになる」と強調した。主に国内への投資が伸び悩む中、あらためて経営者のマインド転換を促し、経済の好循環を確立したい考えを示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。