ロイター企業調査:アベノミクス評価が失速、「後退・消失」7割超

[東京 16日 ロイター] - 10月ロイター企業調査によると、アベノミクスの勢いに関して7割超の企業が「後退している」ないし「消失している」とみていることが明らかとなった。「新3本の矢」も含めて効果が不明との指摘が目立っている。景気停滞感が強まる中、日銀による追加緩和については、賛否が拮抗している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。