コラム:5月雇用統計はノイズ、投資環境改善へ=村上尚己氏

[東京 8日] - 5月のコラムでは、1)世界経済が最悪を脱しつつある、2)米連邦準備理事会(FRB)は利上げを視野に入れるが当面慎重な姿勢を維持する、との2点を主な理由として市場心理の改善が続くシナリオを提示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。