焦点:独VW、前CEOが築いた「畏怖と尊敬」の企業風土

[ベルリン/ロンドン 10日 ロイター] - 排ガス不正問題で先月引責辞任した独フォルクスワーゲン(VW)のマルティン・ウィンターコルン前最高経営責任者(CEO)は、他の多くのCEO同様、失敗を好まない厳しいリーダーだった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。