不本意なパートタイム就業者は今後半年に減少へ=米SF連銀総裁

[スポケーン(米ワシントン州) 8日 ロイター] - 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は、今後半年に米国の雇用主は人材を確保することが一段と困難になり、不本意なパートタイム就業者はフルタイムの仕事に就くことができるようになるとの見方を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。