【話題沸騰中!】スターバックスが手がけるNFTプロジェクト「スターバックスオデッセイ」とは?

アメリカ発祥のコーヒーチェーン店のスターバックスは2022年9月12日に、NFTを活用した新プロジェクト「スターバックスオデッセイ」を発表しました。
「スターバックスオデッセイ」は、2022年の年末にリリース予定です。

それと同時に、「Polygon(ポリゴン)」をブロックチェーンに採用することを明らかにしました。

本記事は9月にSNSでも話題になった「スターバックスオデッセイ」の詳細の特典や、ポリゴンを採用した背景について紹介していきます。

これまでのスターバックスのブロックチェーン関連の取り組みついてはこちらから

既存ポイント制度「スターバックスリワード」に「NFTスタンプ」の新機能が追加されたスターバックスオデッセイ

スターバックスオデッセイ
画像引用元:https://stories.starbucks.com/press/2022/starbucks-brewing-revolutionary-web3-experience-for-its-starbucks-rewards-members/

スターバックスには、「スターバックスリワード」と呼ばれる既存のポイントサービスがあり、その拡張プログラムが「スターバックスオデッセイ」です。

「スターバックスオデッセイ」は2022年の年末にリリース予定です。

すでに存在するプラットフォームの新機能として、デジタル化されたNFTスタンプを購入・収集できるようになるサービスが追加されます。

利用者はこのデジタルスタンプを貯めることによって、限定商品やアーティストとのコラボレーション、限定イベントへの招待などの特典を受け取ることができます。 

Polygonチェーンの採用によって高速かつ安価の取引が実現

STARBACKS、polygonのロゴ
画像引用元:https://blog.polygon.technology/starbucks-taps-polygon-for-its-starbucks-odyssey-web3-experience/

スターバックスはWeb3への迅速かつ効率的な参入を実現するために「Polygon(ポリゴン)」をブロックチェーンとして採用することを発表しました。

Polygonチェーンの特徴として、ブロックタイムわずか2秒でありイーサリアムなどに比べて処理速度が非常に早いこと、送金手数料が平均0.04ドル(約6円)と取引手数料が安いことが挙げられます。

セコイア・キャピタル・インディア・インベストメンツ、ソフトバンク・ビジョン・ファンドといった企業から約520億円の資金を調達を行なっており、Stripe(米金融サービス)やMeta(Facebook)などとの共同プロジェクトも開始していることもあり、日本でも非常に期待されているチェーンであることが伺えます。

Polygon正式発表
https://blog.polygon.technology/starbucks-taps-polygon-for-its-starbucks-odyssey-web3-experience/

Polygonが主催をしたイベントに関する記事はこちらから

最後に

希望者はウェイトリストへの登録ができ、2022年内に順次スターバックスオデッセイへの招待状が送られる予定です。

ウェイトリスト:
https://waitlist.starbucks.com/#/landing

大手ITやゲーム会社のみならず、業界の垣根を超えてあらゆる企業がNFTに参入しており、ついに街中でもよく目にするスターバックスやそのほかの飲食チェーンも参入を進めています。

他にも飲食店におけるNFTの活用事例が知りたい方はこちらをご覧ください。

ますます身近なサービスにもNFTが取り入れられていき、NFTが日本でもニッチなものから普及されたあたりまえの技術になる時代が近いでしょう。

スターバックスオデッセイ公式発表:
https://stories.starbucks.com/press/2022/starbucks-brewing-revolutionary-web3-experience-for-its-starbucks-rewards-members/

スターバックス公式ツイッター関連ツイート:


元記事:

参照元:NFT Media

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。