Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応


暗号資産取引所「Coinbase Japan(コインベース・ジャパン)」は2022年9月15日に、新たに暗号資産5銘柄(LINK・ENJ・OMG・ETC・BAT)の取引に対応したことを発表しました。新たに5銘柄がサポートされたことによって、Coinbase Japanで取引可能な暗号資産は合計11銘柄となりました。

こちらから読む:NFTがもらえるタクシー、東京都内に登場「国内ニュース」

LINK・ENJ・OMG・ETC・BATをサポート

Coinbase Japan(コインベース・ジャパン)は2022年9月15日に、新たに暗号資産5銘柄(LINK・ENJ・OMG・ETC・BAT)の取引に対応したことを発表しました。


LINK・ENJ・OMG・ETC・BATの入出金・取引は既に開始されているため、Coinbase Japanの利用者はこれらの暗号資産を入金・出金したり、売買することができるようになっています。

新たにLINK・ENJ・OMG・ETC・BATがサポートされたことによって、Coinbase Japanで取引可能な暗号資産は以下の合計11銘柄となりました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)NEW!
エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)NEW!
オーエムジー(OMG Network/OMG)NEW!
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)NEW!
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)NEW!

>>「Coinbase」の新規登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。