アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説


アルゴランド(Algorand/ALGO)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・リアルタイム価格チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:アルゴランド関連の記事を新着順で「Algorand/ALGO」関連ニュース

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?

Algorand-ALGO-Logo

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の暗号学者Silvio Micali(シルビオ・ミカリ)氏が開発した独自技術である「PPoS(Pure Proof of Stake/ピュア・プルーフ・オブ・ステーク)」を採用した次世代型パブリック・ブロックチェーンであり、ALGO(アルゴ)はAlgorandのネイティブトークンのことを指します。

Silvio Micali(シルビオ・ミカリ)氏は、コンピュータサイエンスのノーベル賞ともいわれるチューリング賞や、ゲーデル賞(理論コンピューターサイエンス部門)、RSA賞(暗号化部門)という3つの賞を受賞しているだけでなく、暗号資産研究の第一人者として幅広く活躍する世界有数の暗号資産作成者でもあるため、同志が関わっているAlgorandも開発当初から話題となっていました。

アルゴランドは高速かつ低コストな取引環境を実現しているだけでなく、PoSで環境にも優しい仕組みとなっているため、”将来有望なブロックチェーンの1つ”としても注目されており、FIFAワールドカップのNFTコレクションの基盤技術として採用されるなど、有名プロジェクトでもAlgorandのブロックチェーンが活用されています。

アルゴランド(Algorand/ALGO)の特徴

Blockchain-Catch

アルゴランド(Algorand/ALGO)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

高速かつ低コストなトランザクション

アルゴランド(Algorand/ALGO)の特徴の1つとしては「高速かつ低コストなトランザクション」が挙げられます。ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンは、利用者の増加などによって「取引処理速度の低下・手数料高騰」などといったスケーラビリティ問題を抱えていますが、Algorandは独自の仕組みによってそのような問題を解決しています。

代表的なブロックチェーンが1秒間に処理できるトランザクション数は、一般的に「ビットコインが7取引・イーサリアムが14取引」程度といわれていますが、アルゴランドは「1秒間に6,000トランザクションを処理することができる」といわれており、BTC・ETHでかかるような高額な手数料もかからない仕組みとなっています。

ブロックチェーンが実社会で広く活用されるためには「高速な取引速度・安い手数料・拡張性」などが非常に重要となるため、そのような性能を備えたアルゴランドは今後さまざまな場面で広く活用されていく可能性があると期待されています。

環境に優しいカーボンニュートラルな性質

アルゴランド(Algorand/ALGO)は後述する「PPoS(Pure Proof of Stake/ピュア・プルーフ・オブ・ステーク)」と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)を採用しているため「環境にも優しいブロックチェーン・仮想通貨」として高く評価されています。

PoW(Proof of Work/プルーフ・オブ・ワーク)を採用したビットコインなどの仮想通貨ではブロックチェーンの運用で大規模な電力が必要となるため「地球環境への悪影響」を指摘する意見が定期的に出ていますが、アルゴランドは取引時の環境負荷が少なくエネルギー消費も効率的なため「カーボンニュートラルなブロックチェーン」としても紹介されています。

ピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)

アルゴランド(Algorand/ALGO)が採用している「ピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)」は、合意を行う際に中央集権的な主体が必要ない”ビザンチン合意”の下で構築されており、超多数派が普通ユーザーで占めた状態でステーキングする限り、悪意のあるユーザーに対抗できる仕組みとなっています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用した一般的なブロックチェーンでは「大量のトークンを保有している参加者だけがバリデータとしてブロックの承認・提案・投票などのガバナンスに参加することができる仕組み」となっていますが、アルゴランドのPPoSでは1ALGOから参加できるため「少額のトークンを保有するだけでガバナンスに参加して報酬を受け取れるオープンな仕組み」となっています。

また、アルゴランドのバリデータは「コンセンサス委員会」とも呼ばれており、委員の選出はランダムかつ秘密裏に行われます。誰が委員なのかは委員自身も解散後に知ることになるため、オープンなだけではなくセキュリティの安全性も確保されています。

フォーク(分岐)が発生しない

アルゴランド(Algorand/ALGO)は「ブロックチェーンのフォーク(分岐)が発生しない」という特徴も持っています。仮想通貨業界ではプロジェクトが発展している途中でフォークによって仮想通貨が2つに分裂(新しい通貨が誕生)することがあり、投資家の資金が分散して対象仮想通貨の価格上昇の妨げになるケースもみられています。

しかし、Algorandのブロックチェーンでは「2つのブロックが存在するケースにおいて、2つが同時に繋がることができない仕組み」が採用されており、ブロックが1つのみに絞られているため、ブロックチェーンの分岐が起こることなく、通貨の価値を留められる仕様となっています。

アルゴランド(Algorand/ALGO)の基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名称 アルゴランド(Algorand)
トークン名称 アルゴ(ALGO)
ティッカーシンボル ALGO
提唱者 Silvio Micali
最大供給量 10,000,000,000 ALGO
メインネット公開時期 2019年6月
コンセンサスアルゴリズム PPoS(Pure Proof of Stake)

アルゴランド(Algorand/ALGO)の価格・チャート


ALGOを取扱う暗号資産取引所

アルゴランド(Algorand/ALGO)は記事執筆時点で日本国内の暗号資産取引所には上場していないため、ALGOを売買したい場合には海外取引所を利用する必要があります。ALGOを取り扱っている代表的な暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年9月時点)。
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
KuCoin(クーコイン)
Bybit(バイビット)
Huobi Global(フォビグローバル)
MEXC Global(エムイーエックスシー)
Bitrue(ビットゥルー)

アルゴランド(Algorand/ALGO)対応ウォレット

アルゴランド(Algorand/ALGO)関連の暗号資産・NFTを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Pera Wallet

アルゴランド(Algorand/ALGO)関連リンク

Algorand公式サイト
Algorand財団公式サイト
Algorand公式Twitter
Algorand公式Facebook
Algorand公式Telegram
Algorand公式ブログ
Algorand公式YouTube
AlgorandのRedditコミュニティ
AlgorandのDiscordコミュニティ
ホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー(algoexplorer.io)
エクスプローラー(AlgoScan)

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。