アルゼンチンサッカー協会、チリーズ(CHZ)とバイナンスのファントークン二重契約問題に終止符か

アルゼンチンサッカー協会の二重契約問題に終止符か

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、アルゼンチンサッカー協会(AFA)との契約更新を8月31日発表した。AFAによる「Socios.com」運営元のブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)と大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)とのファントークンをめぐる二重契約問題が、この新たな契約を締結したことで和解に至ったとみられる。

チリーズとAFAは昨年5月、サッカーアルゼンチン代表公式ファントークン「$ARG」を独占的に提供する契約をし、同トークンを「Chiliz Exchange」で取り扱っていた。

しかし今年1月、AFAはチリーズとの契約期間中にも関わらず、同様の契約をバイナンスと交わしていた。それに対しチリーズはAFAに対し訴訟を起こしていた。

AFAの主張として、AFAはチリーズに対し再三の通知をしたにもかかわらず、チリーズはAFAへの支払いを怠ったとしていた。またアルゼンチンサッカー代表チームのトークンについて十分なプロモーションが行われず価格も低下したとしており、さらにチリーズの代表チームに関するイメージ使用について「いくつかの違反」があったと説明していた。

一方でチリーズは、AFAへの支払いは既に済んでおり債務はないと主張。契約を破棄する条件としてトークン価格は契約条項に記載されていないとし、またイメージの誤用はなかったと反論をしていた。

その後現在まで、バイナンスはAFAのファントークン発行は行っていない状況だった。

なおAFAとチリーズとの契約期間は3年間でバイナンスとは5年間の契約期間だった。

しかし今回チリーズはAFAと2026年までの契約延長を発表。当初3年間だった契約を2年延長して計5年間の契約が締結されたことになった。

チリーズ創業者兼CEOのアレクサンドル・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)氏は「AFAがファントークンのパートナーシップをさらに拡大することを目的とした契約の継続を約束したことは、アルゼンチンのファンにとって素晴らしいニュースです。

戦略的パートナーとして、我々はAFAと継続的に協力し、ファンが$ARGファントークンを通して関与し、報酬を得るための新しい方法を作成します。今年のFIFAワールドカップを皮切りに、あらゆる可能性が広がっており、Socios.comですべてのアルゼンチンファンのための活気ある、つながったコミュニティを構築することを楽しみにしています」とコメントしている。

関連ニュース

チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道

アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携

国内初、DMM Bitcoinがチリーズ(CHZ)取扱いへ、アバランチ(AVAX)も予定

チリーズ(CHZ)のソシオスドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

チリーズ(CHZ)、FCバルセロナ子会社の株式24.5%取得

参考:チリーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・SidorovStock

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。