Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート


ステーキング可能な仮想通貨ウォレットを展開している「Moonstake(ムーンステーク)」は2022年6月15日に、新たに「オアシスネットワーク(Oasis Network/ROSE)」のステーキングをサポートすることを発表しました。

こちらから読む:ビル・ゲイツ氏、暗号資産・NFTに懐疑的意見「暗号資産」関連ニュース

Moonstakeウォレットで「ROSEステーキング」が可能に

Moonstake(ムーンステーク)は2022年6月15日に、新たに「オアシスネットワーク(Oasis Network/ROSE)」のステーキングをサポートすることを発表しました。

Moonstakeは複数の仮想通貨のステーキングにも対応している仮想通貨ウォレットであり、1つのウォレットで様々な仮想通貨を保管・管理したり、それらの仮想通貨をステーキングしたりすることができるウェブ版・モバイル版のウォレットアプリが提供されています。

オアシスネットワーク(Oasis Network/ROSE)は、オープンファイナンスと責任あるデータ経済のためのプライバシーを重視したブロックチェーンプラットフォームであり、高い処理能力と安全なアーキテクチャを兼ね備えていることから、プライベートでスケーラブルなDeFiを実現し、オープンファイナンスに革命を起こし、トレーダーやアーリーアダプターの範疇を超え、マスマーケットに拡大させることができると期待されています。なお、ROSEはステーキングと取引手数料の支払いに使用される「Oasis Networkのネイティブトークン」です。

今回のアップデートによって、Moonstakeのウェブ版・モバイル版ウォレット利用者はROSEの送受信やステーキングを行うことが可能になるとのことで、これによって、Moonstakeウォレットで利用可能な暗号資産は以下の合計17銘柄になると報告されています。
トロン(Tron/TRX)
オーブス(Orbs/ORBS)
カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
テゾス(Tezos/XTZ)
クアンタム(QTUM/QTUM)
コスモス(Cosmos/ATOM)
セントラリティ(Centrality/CENNZ)
アイオーエスティー(IOST/IOST)
オントロジー(Ontology/ONT)
・アイリスネットワーク(IRISnet/IRIS)
・ハーモニー(Harmony/ONE)
・キュラス(Quras/XQC)
・紫電ネットワーク(Shiden Network/SDN)
・FIOプロトコル(FIO Protocol/FIO)
・エバースケール(Everscale/EVER)
・オアシスネットワーク(Oasis Network/ROSE)NEW!

>>「Moonstake」の公式発表はこちら
>>「Moonstake Wallet」の利用登録はこちら

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。