Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催


世界有数の暗号資産取引所である「Bitget(ビットゲット)」は、全世界で600万人以上のユーザーを持つトップ暗号資産ウォレットである「BitKeep(ビットキープ)」と共同でLaunchpadを開催しました。Launchpadに実装された最初のプロジェクトである「Contents Shopper Token(CST)」は、知財管理と取引のプラットフォームであるContents Shopper Platformのユーティリティー・トークンであり、CST/USDTの取引は日本時間2022年1月13日17時00分に開始されました。

BitKeepと共同で「Launchpad」を開催

2022年1月13日、シンガポール – 世界有数の暗号資産取引所であるBitgetは、全世界で600万人以上のユーザーを持つトップ暗号資産ウォレットであるBitKeepと共同でLaunchpadを開催しました。全世界で180万人以上のユーザーを抱える同取引所は、現物取引、先物取引、暗号資産購入サービスを提供するグローバルな暗号資産取引プラットフォームです。

DeFi・Dapp・NFT分野の新しい分野として「Launchpad」は暗号資産エコシステムを構築します。Bitget Launchpadは暗号資産プロジェクトを提供することで、暗号資産エコシステムをサポートします。ユーザーは資産を保有するだけで参加でき、注目のプロジェクトトークンを獲得できます。

Launchpadはユーザーがより質の高いプロジェクトを発見し、初期段階のプロジェクトに参加してエアドロップから報酬を受け取る機会を得ることを目的としています。プロジェクトオーナーは、このプラットフォームを通じて、Bitgetコミュニティを活用し、トークンPRができます。今回はBitKeep社との提携により、プロジェクトは両プラットフォームに登録しているユーザーにリーチすることができます。

Bitgetマーケティング最高責任者であるYvonne Tee氏は、今回のLaunchpadについて次のように述べています。

2020年にコロナパンデミックが始まって以来、世界の多くの地域が新たな常態に適応しているにもかかわらず、過去12ヶ月間、暗号資産業界は成長を続けています。アジアの代表的な暗号資産ウォレットであるBitKeepと一緒にLaunchpadイニシアチブを立ち上げることができ、非常に嬉しく思っています。今後も、お客様に魅力的な投資機会を提供するとともに、最先端の体験をお届けするための取り組みを強化していきます。

Launchpadに実装された最初のプロジェクトである「Contents Shopper Token(CST)」は、知財管理と取引のプラットフォームであるContents Shopper Platformのユーティリティー・トークンです。CST/USDTの取引は1月13日17時00分(日本時間)に開始されました。

BitKeep社のディレクターであるアレックスは『Launchpadの参加資格を下げることで、より多くのコミュニティが参加する機会となりました私たちは、Launchpadを通じてより多くの有意義なプロジェクトをユーザーの皆様にご紹介できることを楽しみにしています』と述べています。

今回の発表に関する詳細は、以下の公式発表をご覧ください。

>>「Bitget」の公式発表はこちら

Bitgetについて

シンガポールに本社を置くBitgetは、2018年7月に設立された世界有数の暗号資産取引所です。48カ国で180万人以上の顧客にサービスを提供しているBitgetは世界規模での分散型金融の導入に貢献することを目指しています。Better Trading Better Lifeというミッションを掲げ、Bitgetは世界中のユーザーに安全な取引ソリューションを提供しています。2021年9月、Bitgetは世界的に有名なサッカーチーム「ユベントス」の初のスリーブパートナーとしてスポンサーシップを発表し、その後すぐにPGL Majorの公式eSportクリプトパートナーに就任しました。

BitKeepについて

2018年5月創立のBitKeepはアジアでトップの暗号資産ウォレットであり、168か国の600万人以上のユーザーに信頼性の高いデジタル資産管理サービスを提供しています。BitkeepはPolygon、Solana、BSC、ETH、OECなどTop30のパブリックチェーンと戦略的パートナーシップを確立しています。Bitkeepは、公式に認められたサードパーティ・カストディアル・ウォレット・オペレーターとして、世界最大のDeFiへの参入を目指しています。

>>「Bitget公式ウェブサイト」はこちら
>>「Bitget公式Telegram」はこちら
>>「Bitget公式Twitter」はこちら
>>「Bitget公式Instagram」はこちら
>>「Bitget」の登録はこちら


免責事項:この記事は「Bitget」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に投資・商品の購入を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資・購入に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

参照元:ニュース – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。